袖師窯 スリップ飯碗

しっかりとした茶色い釉薬のベースに白とブルーのストライプが軽やかな雰囲気を作り出しています。
丸みのあるフォルムで手の収まりに安定感を感じます。

size:口径11.5cm×高さ6.7cm

スリップウェアとは器の表面をスリップと呼ばれる泥漿(でいしょう、水と粘土を適度な濃度に混ぜたもの)状の化粧土の上から、
スポイトなどで化粧土や釉薬を細く流したり、筆で描いたり、櫛で引っかいたりなどして
紋様を描いたもののことを言います。

民芸運動の際、バーナード・リーチや濱田庄司氏などがイギリスよりもたらした技法です。
濱田庄司氏から、直接技法を教えられた工房のひとつが袖師窯です。

■袖師窯(島根県)

出雲に伝承された陶法を基礎に、各地の陶法を尋ねて手作りで現代の暮らしに役立つ健康な陶器造りに精進しており、地元に産する陶土、原料を使用し、強くて使い良く、簡素のなかにも潤いがある器を造り出すことを心がけています。

¥ 4,320

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料700円が掛かります。

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。